So-net無料ブログ作成
検索選択

KN企画 イグニッション コイル 取り付け [シグナスX]

KN企画 FI専用 イグニッションコイル 取り付け

国内FI シグナス に付けていた「IGコイル」を my" しろごき "に移植

KN企画IGコイル.JPG      

KN企画のホームページ上で 「5期SE44J」 は 対象外ですが、サポートへの問い合わせたら「問題無し」と返答を頂きました。

 

 KN IGコイル.JPG       

 シグナスの場合 プラグキャップを外すのが辛いですね[ふらふら]               嵌め込みの堅さと手の入る隙間が少ないので ちょっと苦労しますが、作業自体は非常に簡単なんです。

[どんっ(衝撃)]キャップの はめ込みは、しっかりと最後まで[どんっ(衝撃)]  

 

国内08’FI シグナス は 高回転域(タコメーターが無い[もうやだ~(悲しい顔)]ので 体感です)での 伸びが良くなった気がしましたが‥‥                         my" しろごき " [exclamation&question]‥あれ‥れ

 

シートとカバーを外したので プラグも点検

標準プラグ.JPG     
約800km走行時の状態です

電極周囲の碍子が 真白に焼けて 黒い点が幾つか出来ていました。           デンソーのホームページで調べたら、少し焼過気味の様ですね[あせあせ(飛び散る汗)]       http://www.denso.co.jp/PLUG/basic/diagnosis/index.html 

イリジュウムのCR8EIXに取換えたました、ちょと様子を見ます[手(チョキ)]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

クランク室内圧コントロールバルブ [シグナスX]

月3日  しろごき ”工作  

「クランクケース内圧コントロールバルブの取り付け

 

取り付けるのは、 トヨタ純正部品 クランクケース内圧コントロールバルブです。

[使用車種は不明]     

 P1010011.JPG       

 

取付け位置は エンジン本体(クランク室)付近が 良い様ですね。         ブローバイガス内のオイル処理(分離)と手間を考えると、シリンダーヘッド上部のブリーザーパイプ用ユニオン上部の 取付けが良いかなと

取付け位置から見れば PCVバルブと同じ感じに為りますね。

ピンク色の パイプの下にある クリーム色の丸いのがコントロールバルブ 

バルブのin径13.5mm / ユニオン径11.5mmと 差が大きく、接続に適したチューブが無く クランプで絞めて取り付け。

 

PCVバルブとクランクケース内圧コントロールバルブとでは、構造が違う様です。

クランク内圧に応じてガス流量が変化し クランク室内圧を一定に出来る構造の製品がPCVバルブらしい。

  バルブ.JPG    

バルブのX線透過写真です。

バルブ開度でのガス流量は変化無いようです、クランク室圧が高くなると ガス流速が速くなって ガス流量が増える様ですね[exclamation&question]

この状態では、クランク室圧が下がり過ぎるのでは[どんっ(衝撃)][がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

 

ブリ-ザーパイプ交換

曲りくねって 抵抗が大きそうな もとの迷路状パイプ流体は出来るだけ直線的な経路が理想と思い これも取替え。    

 P1010016.JPG   

付け替え後

ピンクのチューブが ブリーザーパイプとして 新たに付けた耐油性パイプ、出来るだけ短かく 緩いカーブを描く様に取付け。

P1010028.JPG   

かなり スッキリしたと思います。 夏場はok[わーい(嬉しい顔)]     

寒い時期[雪]の対策も考えないと(パイプ内で結露が心配)

 

感覚的な変化として

振動の減少   : 停車時 ミラーが振動(特に左)が 改善されたかな。
回転がスムーズ: アクセル開度とエンジン回転が リニアなったかな。
エンジンブレーキ: 殆ど効きません、制動はブレーキに大きく依存します[もうやだ~(悲しい顔)]                                  
                   
 
 

 今後も、クランクケース内圧コントロールバルブについては、記載する積もりです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

オイル交換 初回 [シグナスX]

納車時のオイルは、メーカーの動作確認用と考え 早めの交換(ギアオイルも)。

200km走行弱で交換でしたが、ミッション系が無い割に 細かい金属粉や スラッジ(液体パッキンのはみ出し??)も混じってました。                 出来れば100kmまでには 交換をしたかったのですが[ふらふら]

 イエローハット MAGMAX マルチX SL GMX 1L 5W30イエローハットの5w-30 自動車用オイル

 

指定は、20w-40ですが、この時期の日本では必要が無いと思い 5w-30に決定、しかも安い[わーい(嬉しい顔)]。  このオイルも2~300km走行で 交換予定。

 

ギアオイルも交換

抜取ったオイルからは 細かい金属粉が沢山出て来ました。            次のエンジンオイル交換時も 同時に交換します。 1Lも 有るし、一回の交換量は 100mlなので 無くなるまでは まめに交換します。

 

ヤマルーブ ギアオイル 1L.jpgヤマルーブ ギアオイル 1L

 

 オイル添加剤

長年、モリブデン系の添加剤を使用して来たので " しろごき "も使用。      シグナスの潤滑は ミッションもクラッチも含まないので、気楽に使えて助かる[るんるん]

力太郎.JPG  スーパー力太郎

 

 1L当たり20cc位と 使用量が少く、オイル容量の小さい " しろごき "でも十分な量を添加出来る

ギアオイルにも入れましたが、エンジンオイルに比べ油温が低く 熱変性が期待出来無いのと、沈殿時の攪拌も期待出来無いかな [exclamation&question]

 

 

ゴメンナサイ   m(_ _)m       

御気付きとは 思いますが[もうやだ~(悲しい顔)] 実際の交換手順や 交換後のオイル等の 写真は有りません、間違って全て削除してしまいました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。