So-net無料ブログ作成

燃料ポンプ不調 [シグナスX]

燃料ポンプ交換を決意しました [ふらふら]

カメファク ポンプ台紙.JPG        

カメレオンファクトリー製 燃料ポンプ       

 アイドリングが1500~1900rpmと不安定まま 何とか夏を越しましたが‥ この時期に何故かエンジンが止まる様になりました[がく~(落胆した顔)]

 :残燃料が1/3以下

 :走行後 日当り に駐車

 :始動後直ぐに 2~30M走って信号等で停車した時

 上記の条件が揃うと、エンジン停止かアイドリングが1500rpm以下になって回り渋ります。

 

販売店に連絡をして 対応を尋ねると

燃料ポンプ交換で対応します」が「ポンプは無料ですが工賃は頂きます」   「再度不良ポンプの場合があります、三個目のポンプの方も居られます」     「其の度に工賃を頂く事になります」の返答[がく~(落胆した顔)]

 「三個目(納車時分を含)のポンプの方も」は輸入元からの情報として、販売店の談。

ポンプ17000円前後+工賃16000円程度+安心感 無し=割りに合わない   (保障期間内はポンプ代は無料)

      [ひらめき][ひらめき][ひらめき]                

ならば、評判良いカメファクの燃料ポンプに交換してしまえ[手(チョキ)]

 

 純正ポンプ.JPG

何とか、取り外しました

 書込みとブログで調べたら、ポンプをユニットに組込むのが大変らしいです[あせあせ(飛び散る汗)]

 

filter.JPG

 真中がフィルタ一体型ポンプ固定パーツ。右がユニットへの固定パーツ。

 

実際、ポンプにフィルターの付いた部品を填め込のが一番 手強かったです。  この部品でポンプ本体とユニットに固定しますので、填め込が十分で無いと固定も出来ませんし、燃料を加圧出来ない様です

 

交換前.JPG

初めての作業なのと写真を撮ったりで3時間半程度 掛りました。     

 

アイドリングは1700±100rpmで規定より下ですが以前より安定して満足です。エンジン音も乾いた" かさかさ"音から"しっとり"した落ちついた音に変わりました。

 [ひらめき]   [ひらめき]               

燃料ポンプ取外しまでの順序を、ざっと書いてみます。

1:シート下のボックスを取外し⇒10mmボルト×4本

2:エンジンフード(シート下の黒いカバー)取外し⇒タッピングネジ×4本

3:タンデムバー(ハンドル)⇒10mmボルト×左右計4本

4:ボデイ(サイドカバー)の取外し。    

  • テールランプ下⇒タッピングネジ×左右計8本       
  • タンデムステップ上⇒タッピングネジ×左右計2本 
  • イグニッションコイル付近⇒ッピングネジ×左右計2本
  • テールランプ固定用ネジ、バッテリーの後ろ奥⇒ッピングネジ×左右上下計4本

5:スッテップボードの取外し。

  • フットレスト部⇒ボルト×左右前後計4本
  • タンデムステップ上⇒ナット×左右計2本

6:ロワ(アンダー)カバーの取外し。

  • フロントタイヤハウス⇒タッピングネジ(内外側)×左右計4本
  • タンデムステップ下部付近⇒ナット×左右計2本

7:燃料タンク移動⇒ポンプユニットの一部がフレーム下に入込んでる為。

  • タンク固定⇒ボルト後部左右計2本
  • タンクステー(フロントタイヤハウス側)固定⇒ボルト×左右計2本

8:燃料ポンプ取外し⇒固定ボルト×6本

以上の8工程でポンプユニットが取外せます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

寒くなる前の メンテナンス1 "クラッチ" [シグナスX]

ツーリングシーズンも終わりに近ずき、メンテナンスを始めました。

 

ジャッダの発生かも‥クラッチの点検[exclamation×2]

発進時直後に「カクン’カクン」と2・3度 引っ掛かる様な抵抗が出だしました[たらーっ(汗)] 緩やかにアクセルを開き 走り出した直後です、素早くアクセルを開くと問題は無のですが?

「国内・台湾に関係無く、シグナスのクラッチはジャッダーが出やすいと」と書かれた記事を読んだ記憶が蘇りました。

 

ランニング(シュー)とアウターの清掃と当り面の研磨

         清掃前                     清掃後       

 

黒褐色の部分がアウターとの接触部ですね、3枚共 外側が異常に焼けてます。サンドペーパーで焼けた部分を落としました。 

黒い筋の部分は 半クラ状態が強いために異常に焼けたのでしょう。       黒い筋の部分を余分に削って接触面が均一になる様にして、面取りもしました。

 

 

アウター清掃後

清掃前の写真はスミマセン[ふらふら]  アウターはパーツクリーナーでスラッジの拭取りだけしました、3000km走行程度でが すごく汚れてました。

シューとの接面も焼けてる様なので、サンドペーパー軽く磨いた方が良いと思いますが、プーリー側の清掃まで様子を見る事にしました。

 

 


何故か‥アウターもインナープレートも油の付着で縞模様が出来てました。

パーツクリーナーでも完全に拭き取れません、アクスルシャフトのスプラインに塗布されたグリスが熔出したのですかね‥

 

"しろごき"様の御機嫌がすこし良くなりました。   

 

4500~5000rpm付近での伸びが良くなり、渋り気味な感じが和らぎましたし[わーい(嬉しい顔)]クラッチ滑りが強かったのでしょうか‥??

パーツ等の交換での解決策は有ると思いますが、現状維持での対応策としては定期的な清掃が必要ですね[たらーっ(汗)]

 

アウター重量.JPG    

アウターの重量です参考までに      

  

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。